北海道の民放テレビ3局が本人とは違う人を被告の顔写真や映像として使ってしまう

4年前に札幌市の古書店で起きた、本棚が倒壊し死傷者が出た事故。

その初公判を伝えるニュースの中で北海道の民放テレビ3局が男性被告として使った顔写真や映像が被本人の物ではなかったことが15日に判明しました。

映像を取り違えていたのは、札幌市の北海道放送(HBC)、北海道文化放送(UHB)、北海道テレビ放送(HTB)の3局。

また、HBCの映像は、TBSテレビ系「ひるおび!」内のニュースで使われてしまったため、誤った映像が全国に放送されてしまったそうです。

被告の男性と間違われてしまったのは、被告の双子の兄で、「本人と似ていたため誤りに気づかなかった。

確認作業が不十分だった」などと、間違ってしまった理由を説明しています。

3局は誤りを認め、被告の兄に謝罪したそうです。

 

 

東京都内は久しぶりの猛暑日となる

一部の学校ではすでに2学期がスタートしているところもあるようですが、東京都内の学校では、夏休みも残りわずかとなった30日。

九州では台風の影響で大雨が降り、土砂災害などが起きていましたが、都内は逆に台風の影響で暑さがぶり返し、猛暑日になっていました。

そのため東京都内のプールなどでは、ぶり返した暑さを何とかするためと、夏休みの遊び納めをするために、子どもや若者でにぎわったそうです。

都内ではこのところ涼しい日が続いていましたから、ぶり返した暑さは、余計に暑く感じてしまったようです。

そうしたことから練馬区の遊園地「としまえん」のプールなどは、8月ももう終わるというのに、約6千人もの人が少しでも涼みたいと考えて詰めかけていたそうです。

片方では大雨で、片方では猛暑だなんて、今年はおかしな天気が多いですね。

 

 

武井壮が六本木のタワーマンション購入を認める

これまでホームレスを公言していた、タレントの武井壮。

27日に都内で行われた『AXE 宇宙飛行士選抜キャンペーン』発表会イベントにゲストとして出席した武井に対し、記者から、一部週刊誌に六本木のタワーマンションに住んでいると報じられたことを質問され、マンション購入が税金対策であったことを明かしたのです。

昨年から、テレビなどへの出演が増えるなどしたことで収入がいっきに増えたのですが、あまりにお金使っていないことを税理士に説教され、「せめて部屋ぐらい借りてくれ」、言われたことから、六本木のマンションを購入したというのです。

本人はマンション購入は渋々で、「サウナで十分」と言ったと話していますが、それなら、もっと安い物件にした気がしますけどね・・!。

 

 

メンツにこだわり国際社会の支援を断る中国政府

四川省雅安市蘆山県で起きた地震で、安倍晋三首相は20日、習近平国家主席らに見舞いのメッセージを送り、「最大限の必要な支援を行う用意がある」と伝えました。

しかし、中国側は、その日本側の支援の申し込みに対して、「必要が出てくれば連絡したい」という返答をしてきたのです。

ただ、中国が支援の申し出を断ったのは、尖閣問題で日本との間にわだかまりができているからではなく、日本以外の国際社会が救援隊や医療部隊、災害物資などの支援を申し出をしていますが、それを断る方針を示しているのです。

中国側は支援を断る理由を「現在、中国の救援、捜索、医療の要員は十分にあり、災害救援物資も足りている」と主説明していますが、どうやら、今回の地震を「共産党や中国政府が助けた」というふうにしたいからということがあるようです。

ただ、そんなメンツによる被害を受けるのは、被災地にいる人たちなんですけどね。

 

京成路線バスが70歳くらいの男性と衝突し重傷

千葉県習志野市藤崎の県道で14日午後8時50分ごろ、京成路線バスが70歳くらいの男性と衝突し、男性が頭部を強打して意識不明の重体となる事故が起きました。

事故の調査を行っている習志野署によると、事故が起きたのは片側1車線の直線で、バスが通路左側の縁石に立っている男性の脇を通過しようとした際、物がぶつかる音がしたため、バスを停車させ、バスの周囲を調べたところ、路上に男性が頭から血を流して倒れていたそうです。

当時バスは、乗客40〜50人が乗る満員状態だったということですが、バスの乗客らに怪我人は出ていないようです。

習志野署は自動車運転過失傷害の疑いで、バスを運転していた49歳の男性運転手から、くわしい事情をきいているということです。

バスが通過した時の風か何かでよろけてしまい、バスと衝突してしまったのかもしれませんね。

 

「だめんず・うぉ〜か〜」が4月で連載終了

ダメ男に出会った女性を描いた漫画「だめんず・うぉ〜か〜」。雑誌「SPA!」で2000年から連載がスタートし、ドラマ化もされた「だめんず・うぉ〜か〜」の連載が4月で終了することが明らかになりました。

都内で開催された映画『ダークホース 〜リア獣エイブの恋〜』の公開初日トークショー、「だめんず・うぉ〜か〜」の作者の倉田真由美さんが出席した際、自身の口から連載終了を明かしたのです。

連載終了の理由について倉田さんは、「わたしの夫婦仲が問題じゃありません。わたし自身、ダメ男に対して腹が立たなくなったのが一番の理由。自分が恋愛のステージを降りてしまって、ダメ男についてテンションが上がらず、むしろツラくなってしまったんです」と説明しています。

自身のダメ男への怒りが、漫画の面白さの原動力になっていたのでしょうから、その原動力がないのに人気があるからとダラダラと描き続けるより、その前に終了したのは正解でしょうね。

 

いまだに決められない政治を続ける民主党

衆院選で大敗してしまった民主党。

民主党が敗北してしまった理由は、政権交代してから、ずっと決められない政治を続けてしまったからでしょう。

そうしたことを民主党の議員らは身をもって知ったはずだと思うのですが、あれだけの大敗を味わっておきながら、民主党の決められない政治体質は、もったく変わっていないようです。

次の参院選で勝利するために、野田氏に代わる新たな代表を早急決めないといけない民主党。

しかし民主党執行部は19日の両院議員総会で、22日の代表選実施を提案したのですが、次の代表の大本命と言われていた細野豪志政調会長が不出馬を表明し、他にも代表選に名乗りを上げる人物がいなかったことから、代表選は先送りすることになったのです。

そうした、面倒なことを先送りしてきたから、今回の衆院選で政権を手離すことになったことが、わかっていないんでしょうか?。